Yuimediのカルチャーとは?大切にしている価値観について

こんにちは。Yuimediのコーポレート担当です。

今回はYuimediが大切にしているカルチャーや働き方についてお話しします。

「働くこと」に対する、Yuimediの価値観

1日の1/3を占める働く時間。私たちは、それをいかに楽しいと思えるかを重要視しています。time

そのために以下の3つを大切にしています。

  1. 会社の目指すゴールが自分のゴールと一致していること
  2. 不必要な規制をされずに、自由があること
  3. 頑張った分だけきちんと報酬がもらえること

本記事では、「2. 不必要な規制をされずに、自由があること」について中心に触れていきたいと思います。

一人ひとりのモチベーションに従い、楽しんで働く

Yuimediは基本的に在宅勤務/フレックス制(5:00-22:00)です。副業・時短勤務もOKで、ミーティングはオンラインがメイン。決してスタイル先行にしたいわけではなく、家事や育児、趣味などそれぞれの人生のフェーズで大切なことを制限しないためにはそれが最適だと考えるからです。

代表のグライムス英美里も2児の母。過去に家事育児と仕事の両立で悩んだこともありました。子育て世代の女性の社会進出が注目されていますが、男女年齢に関係なく一人ひとりが大事にしたいことは絶え間なく変化します。ここで働く人には、それぞれのモチベーションに素直に生きて欲しい。仕事もプライベートも両方満たす、思い切り欲張りな働き方を実現するフレキシブルな組織でありたいと思っています。

ダイバーシティを心から大事にする集団でありたい

これまでの日本の働き方では、女性が育児をしながらフルタイムでキャリアを積むのは非常に困難でした。 大切なのは“子育て中の女性は働けない” ではなく “老若男女、誰であっても、どうしても対応できない時間がある”という認識を皆が持ち合うこと。それは育児であり、介護であり、勉学であり、自身の通院であるかもしれません。こういった制限がある人はもちろんですが、そうではない人たちにも、趣味に費やす時間や一人でゆっくりする時間を大切にしてほしいと思っています。
いずれにせよ、組織内のメンバー同士が時間をずらしながらお互いを支え合うことができれば何も問題はありません。このことは今後組織を拡大していく過程でも大切にしていきたいと考えています。

「チームはオーケストラだ」

これは、代表が以前の職場でかけられ今でも大切にしている言葉です。オーケストラは1つでも楽器が欠けると曲を完成させることができません。それぞれの役割を認識して、必要なタイミングで音を奏でること、助け合うことが大切です。時間に制限がある人はシンバルを叩けばいい。全員がバイオリンを弾く必要はありません。また、自分たちがヘルスケア事業を手掛けている以上、当然自分たち自身が健康であることも大切にしたいと思っています。

どのような人生のフェーズにいるメンバーも特別扱いせず、あくまで皆が対等な立場と意見で解決策を探していく。そんなフラットで気持ちの良い関係性を私たちは目指しています。

 


Yuimediのカルチャーや働き方、またYuimediの事業内容にご興味のある方は、こちらからお気軽にご相談ください。